ぼんやりとした勘

実際にノートパソコンのディスプレイの前で、いつも上下動している為替レートをご覧になっているとすぐに取引をしたくなるという欲求に駆られる事も少なくないだろう。

 

しかし、不明瞭な思いで売買することは、決してしてはいけません。

 

確かに、外国為替相場は24時間常時外国為替相場が変動しているし、為替相場もいかなる時でも、変化しています。

 

とは言っても、闇雲に売り買いをするとそれだけで損失を被る確率が上がってしまいます。

 

当たり前ですが、売買の数を経験することによって少しずつ儲けられる確率が五分五分になるのは事実です。

 

でも「ぼんやりとした勘でエントリー」してしまうこととは話が異なります。

 

取引回数を増やすというのは、自分が「ここがチャンス」と考える感覚を持ったケースでのエントリー回数を積むという事です。

 

格段の理由がなく、エントリーを繰り返すのとは違う。

 

市場の勝負にi挑むには、思案してメリハリをつけることこそが肝心です。

 

「ここだ!」と思ったマーケットの時にはいっそ所持ポジションを積み増して、思い切り利益を追求します。

 

「ちょっと悩ましい外国為替市場でどう上下するのか読めないな」と思い至った時は潔く諦めて売買ポジションをひとつ残らず諦めて静観します。

 

このくらいのけじめをつけた方が、最後にエントリーはうまくいくものだ。

 

相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

本当に言葉どおりです。

 

取引とはいかなる時でも売買ポジションを持つことが重要ではなくどれも持たないでじっと見ていることも時には、相場なのである。

 

では、どういった時に休めばいいのでしょうか。

 

第1に言われるのが先に述べたように、最近の外国為替相場が今ひとつ理解できない時です。

 

これからドル高になるのか、ドル安になるのかが決める事が出来ない時は、何も考えず行動すると、自ら思った台本とは異なった方向に外国為替相場が変化してしまい損してしまいます。

 

だから、こうした場合はポジションを減らして、そのまま何もぜずに静観しているのがいいでしょう。

 

もうひとつは、自分自身の体の調子が悪いときです。

 

体の状態と外国為替市場に影響ないと感じる投資家もいますが実際には意外と関係がある。

 

体の調子が思わしくなければ外国為替市場の決断しなければいけない状況で、落ち着いた判断ができない。

 

気分が乗らない時は取引から距離を置くことも重要な事です。