男の働き盛り

男性のなかでも、とくに30代から50代は働きざかりで、仕事による疲労とストレスで、気づかないうちに健康を害しているおそれがあります。また、ストレスによって暴飲暴食になったり、過度にお酒を飲みすぎたり、忙しいあまりに運動ができなかったりするのも、健康を害する要因となります。

 

健康を維持するために必要なことのひとつは、自律神経を整えることです。自律神経は交感神経と副交感神経から成り立ちますが、ストレスなどによって乱れると頭痛や吐き気、あらゆる病気の原因ともなります。なるべくストレスをためないようにし、ゆったりお風呂にはいり、睡眠をしっかりととることで、自律神経を正常化し、からだも心も元気になることができます。

 

また働き盛りを迎えた男性の多くが同様の原因で薄毛に悩んでいます。しかし今は薄毛はお薬で治る時代になりました。早い段階から薄毛治療薬プロペシアを飲めばかなりの確率で予防できるようです。