より目になってもあきらめないで

 ワキの毛の処理は、自分でも一生懸命に励んでいた時期もありました。どのようなものかといえば、ピンセットで一本一本つまんで抜くという地味で根気のいる作業です。とても疲れるし、より目になりながら必死に抜きまくっていました。が、結婚して子どもが生まれてからは自分のことは後回しの生活に疲れてしまい、結局T字の剃刀で剃ることにおちつきました。元々ワキの毛が少ない方ではなく、むしろ人より多くて毛深いと自負しているのでホントに無くせるものならば無くしてしまいたいです。毎日のように剃刀で剃っていても暑い時期は気になりますね。ウンザリです。 町田 顔脱毛