企画

そんなんでは成り立たんよ!

そんなんでは成り立たんよ!

(公開: 2015年1月 6日 (火)

「スプレッド」とはFXは通貨を売買の注文をして儲けを得る商品です。

 

売買の注文の値は、変動しています。

 

それが為替相場です。

 

インターネットを見ていると、マーケットの話題が流れる時があります。

 

よく見かけるのが、「現在のドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを意味しています。

 

別の言い方をすると、外為取引には買いと売りの価格が存在するのです。

 

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示している取引業者もあります。

 

いつもは売値が安い価格に設定されるものです。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

その差額をスプレッドといい、取引会社の収入とされています。

 

スプレッドの差はFX会社によって変化します。

 

スプレッドの広さは自分自身にとって手数料になるので狭いFX取引会社を選択したほうが有利です。

 

ただし、場面に応じてスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

 

日常的にはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの狭さとは言っても、マーケットの変化が大きい場面では大きくなる事があります。

 

そのため、スプレッドの広さが狭いのと、安定している事が大事です。

 

この頃では変わらないスプレッドの幅を提示する取引業者も多くあります。

 

現実に取引会社の売買画面内でリアルなレートを確認しなければ区別できないのでわずらわしいですが、必要不可欠な事です。

 

重要な財産を投入して売り買いをするのだから実際のエントリーの前に、魅力的に思えた業者の新規口座開設をいくつもして、スプレッドの差をチェックしましょう。

 

同じ外貨でも、その場面での変動率によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なります。

 

普通は、インターバンクで流動性の高い通貨ではスプレッドが狭く、その他の外貨では大きくなる事が多いです。

 


テスト

テスト

(公開: 2014年9月23日 (火)

テスト記事です。